「プラムの重さ世界一」ギネスに挑戦 収穫・測定会

8月15日(木)ギネスに挑戦するためのプラムが選定され、富山さんご自身が立会人や応援者が見守る中、収穫を行いました。

 

収穫した候補のプラムは4個、蒸散作用により水分が失われるため、直ちに測定会場である、JA新潟みらい しろね南支店へ運ばれました。

 

これまでの記録は323.77g(山梨県・南アルプス市)ですが、今回この記録を超えることができるのでしょうか。

今回、収穫したものを測定した結果、一番大きいもので307.48gと新記録達成には至りませんでした。

 

富山さんは、これまで3年間の経験を活かし、果樹栽培を続けていきたいし、地元に新潟市南区(旧白根市)の農業には勿論のこと地元の発展に貢献していきたいと語っていました。

 

来年以降、富山さんが再挑戦をするのか分かりませんが、今後も彼の活動を応援していきたいと思います。

皆さんの応援を今後もどうぞ宜しくお願いいたします。